最新のお知らせ?イベント http://www.francescotrattoria.com/rss daily 1 【重要/大學院?學部生対象】日本學生支援機構奨學金の継続?辭退手続きについて http://www.francescotrattoria.com/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/shogakukin/jasso/323981-1 <![CDATA[<p> 現在、日本學生支援機構の奨學金を給付?貸與中の方は、來年度の奨學金を継続するかどうかについて、必ず手続きを行わなければなりません。手続きは、奨學金毎に必要です(例:第一種と第二種の併用貸與の場合は、第一種?第二種それぞれに、継続手続きを行います)。<br/>  対象者の方は、以下の手順に沿って必ず期日までに手続きを行ってください。<br/>  <span class="marker"><strong><u>期日までに手続きを行わない場合、現在給付?貸與中の奨學金は2022年3月をもって「廃止」となり、復活することはできま</u><span style="text-decoration: underline;">せん。</span></strong></span></p>&#13; <p>? <strong>対象者 : <span style="text-decoration: underline;">現在、日本學生支援機構奨學金を給付?貸與中の全ての方</span></strong><br/>        ※ ただし、以下に該當する奨學金の継続手続きは不要です<br/>         ①<span>2022</span>年3月に給付?貸與が終了する奨學金<br/>         ②休學中で休止中の給付?貸與奨學金<br/>         ③停止中の<u>貸與奨學金</u><span class="fontcolor1">*注</span><br/>         ④<span>2021</span>年<span>11</span>月以降に採用になった奨學金<br/>          例1)<span>2021</span>年<span>11</span>月以降に給付奨學金の振込が開始 → 給付奨學金の継続手続きは<u>不要</u><br/>          例2)<span>2021</span>年4月~<span>10</span>月に第一種奨學金の振込が始まり、<span>2021</span>年<span>11</span>月以降に第二種奨學金の振込が開始<br/>          → 第一種奨學金の継続手続きは<strong><u>必要</u></strong>、第二種奨學金の継続手続きは<u>不要</u></p>&#13; <p> <strong>提出期間 : <span class="marker">2021年12月15日(水)~2022年1月16日(日)</span></strong></p>&#13; <p> <strong>提出方法 : スカラネット?パーソナルより、各自で「奨學金継続願」を提出(入力)</strong></p>&#13; <p><span class="fontcolor1"><strong>*注 給付奨學金の振込額が0円の場合(支援區分外?停止中)でも、給付奨學金の入力が必要です</strong></span><br/><span class="fontcolor1"> <strong>   第一種奨學金の振込額が0円の場合(併給調整)でも、第一種奨學金の入力が必要です</strong></span></p>&#13; <p><strong><span class="fontL"><入力手順></span></strong><br/>  1.継続手続きを行う奨學金の入力準備用紙と入力マニュアル(貸與のみ)をダウンロードする。<br/> 2.入力準備用紙を作成する。<br/>    →入力準備用紙p.3~4の収入と支出の差額が35萬円(大學院生は45萬円)以上の貸與奨學生は、後日、本學擔當者が個別面談をいたします<br/> 3.作成した入力準備用紙を參考に、<a >スカラネット?パーソナル</a>から入力を行う。<br/><strong>  ?2022年4月以降も奨學金の継続を希望する → 「継続」手続き</strong><br/><strong>  ?2022年3月で奨學金をやめたい      → 「辭退」手続き</strong><br/> 4.入力後に表示される受付番號を入力準備用紙に記入し、保管する。</p>&#13; <p><span class="fontL"><strong><入力準備用紙 & 入力マニュアル></strong></span><br/>  ★學部生の方向け★                 <br/>   <span style="text-decoration: underline;"><a href="http://www.francescotrattoria.com/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/shogakukin/jasso/jasso-file/e5bx98">學部?貸與奨學金入力準備用紙</a></span>、<span style="text-decoration: underline;"><a href="http://www.francescotrattoria.com/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/shogakukin/jasso/jasso-file/dxhx4d" title="R&#xFF13;&#x5E74;&#x5EA6;&#x5165;&#x529B;&#x30DE;&#x30CB;&#x30E5;&#x30A2;&#x30EB;&#xFF08;&#x8CB8;&#x4E0E;&#x5968;&#x5B66;&#x91D1;&#xFF09;">入力マニュアル</a></span><br/>   <a href="http://www.francescotrattoria.com/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/shogakukin/jasso/jasso-file/0x3c9g"><u>學部?給付奨學金(2019年度以前採用者)</u><u>入力準備用紙</u></a><br/>   <span style="text-decoration: underline;"><a href="http://www.francescotrattoria.com/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/shogakukin/jasso/jasso-file/qs6xu5">學部?給付奨學金(2020年度以降採用者)入力準備用紙</a></span></p>&#13; <p> ★大學院生の方向け★<br/>   <span style="text-decoration: underline;"><a href="http://www.francescotrattoria.com/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/shogakukin/jasso/jasso-file/qsxqdc">大學院?貸與奨學金入力準備用紙</a></span>、<span style="text-decoration: underline;"><a href="http://www.francescotrattoria.com/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/shogakukin/jasso/jasso-file/dxhx4d" title="R3&#x5E74;&#x5EA6;&#x5165;&#x529B;&#x30DE;&#x30CB;&#x30E5;&#x30A2;&#x30EB;&#xFF08;&#x8CB8;&#x4E0E;&#x5968;&#x5B66;&#x91D1;&#xFF09;">入力マニュアル</a></span></p>&#13; <p><a href="http://www.francescotrattoria.com/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/shogakukin/jasso/jasso-file/4eh2k1"><u><img src="http://www.francescotrattoria.com/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/shogakukin/jasso/jasso-file/fj5kwy/@@images/8a0faf1b-02f7-4b61-80ea-243d1f011ce4.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="&#x30DD;&#x30B9;&#x30BF;&#x30FC;2021.jpg" alt="&#x30DD;&#x30B9;&#x30BF;&#x30FC;2021.jpg" class="image-inline"/></u></a></p>]]> No publisher ページ 熊本大學アマビエ給付奨學金の募集について http://www.francescotrattoria.com/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/news/ujvrf4 <![CDATA[<p> コロナ禍の影響も含め家計が厳しく経済的に困窮している學生を対象に、給付奨學金の募集を行います。</p>&#13; <p> 【<u>外國</u><u>?</u><u>留學</u><u>?</u><u>向けの</u><u>HP</u><u>(英語版)は<span>?</span><strong><span class="marker"><a href="https://ewww.francescotrattoria.com/en/news/492/" target="_blank" rel="noopener noreferrer">こちら</a></span></strong></u>?】<br/> " Kumamoto University AMABIE Scholarship "Application Guidelines for international students are<span>?</span><strong><span class="marker"><a href="https://ewww.francescotrattoria.com/en/news/492/" target="_blank" rel="noopener noreferrer">Here</a></span></strong>.</p>&#13; <p> 【給付額】<span>10</span>萬円または5萬円</p>&#13; <p> 【対象者】熊本大學に在學する學部生、大學院生、専攻科生、別科生(外國人留學生は來日している方のみ)</p>&#13; <p> 【申請方法】レターパックライト(青色)にて郵送</p>&#13; <p> 【受付期間】令和3年12月8日(水)~12月15日(水)※當日消印有効</p>&#13; <p> この給付奨學金にはA?B?Cの3つの制度があり、それぞれ対象者や條件、給付金額が異なります。「募集要項」を熟読し、該當する制度1つに、申請期間內に書類を揃えて提出してください。なお、學力は問いません。</p>&#13; <p><strong>  ?「募集要項」及び「申請書」は <a href="http://www.francescotrattoria.com/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/shogakukin/kumadai/fwod1f">こちら</a></strong><br/><strong>    獨立生計の場合必要な「奨學金給受給狀況申請書」は <a href="http://www.francescotrattoria.com/daigakuseikatsu/nyugaku_zyugyou/shogakukin/kumadai/l8i2i7">こちら</a></strong></p>&#13; <p>? 【お問い合わせ先】學生支援部學生生活課 學生支援チーム 経済支援擔當 <br/>           e-mail:<span>gag-kikin@jimu.kumamoto-u.ac.jp</span><br/>          ※ お問い合わせはメールでのみ受け付けます。?</p>]]> No publisher ページ 【報告】熊本大學學內食料等支援について http://www.francescotrattoria.com/daigakuseikatsu/fukurikousei/news/20211126 <![CDATA[<p> 2021年11月2日(火)13時から、新型コロナウイルス感染癥の影響によりアルバイト収入等が減少している本學學生を対象に、本學と肥後銀行の包括連攜協定の一つに掲げている「地域の課題解決?発展に関すること」として、地元企業のご協力をいただき、黒髪北地區體育館において食品や日用品等を配布しました。<br/> 今年6月及び9月に続き3回目となった今回は、過去最多501名の學生に配布しました。今回多數の企業様に協賛?協力いただいたおかげで、幅広く學生に支援することができ、受け取った學生からは感謝の聲が數多く寄せられました。今回支援にご盡力いただいた企業等の皆様に心よりお禮申し上げます。</p>&#13; <p style="text-align: center;">?協賛企業の皆様?<br/>株式會社 肥後銀行、熊本ネクストソサエティ株式會社、<br/>九州産交リテール株式會社、株式會社 熊本日日新聞社、株式會社ロッキー<br/><br/>?協力企業の皆様?<br/>【熊本ネクストソサエティ參加企業】<br/>株式會社フタバ、松合食品 株式會社、株式會社 フンドーダイ、株式會社 通寶、<br/>阿蘇壱番屋、川尻商店 粋、株式會社 あさぎりフレッシュフーズ<br/>【九州産交リテール參加企業】<br/>黒亭、丸菱、重光産業、山內本店、木村、フジチク、熊本菓房、健扇、福田屋</p>&#13; <p style="text-align: center;"><img src="http://www.francescotrattoria.com/daigakuseikatsu/fukurikousei/news/jme201/ntycj4/@@images/8744bd69-745c-4b64-b667-0c86d749a792.jpeg" title="&#x5199;&#x771F;1_&#x718A;&#x672C;&#x5927;&#x5B66;&#x5B66;&#x5185;&#x98DF;&#x6599;&#x7B49;&#x652F;&#x63F4;&#x306B;&#x3064;&#x3044;&#x3066;.jpg" height="295" width="399" alt="&#x5199;&#x771F;1_&#x718A;&#x672C;&#x5927;&#x5B66;&#x5B66;&#x5185;&#x98DF;&#x6599;&#x7B49;&#x652F;&#x63F4;&#x306B;&#x3064;&#x3044;&#x3066;.jpg" class="image-inline"/> <img src="http://www.francescotrattoria.com/daigakuseikatsu/fukurikousei/news/jme201/4egw19/@@images/35601605-8acd-43e8-bb1b-82d805ecbbf3.jpeg" title="&#x5199;&#x771F;2_&#x718A;&#x672C;&#x5927;&#x5B66;&#x5B66;&#x5185;&#x98DF;&#x6599;&#x7B49;&#x652F;&#x63F4;&#x306B;&#x3064;&#x3044;&#x3066;.jpg" height="295" width="399" alt="&#x5199;&#x771F;2_&#x718A;&#x672C;&#x5927;&#x5B66;&#x5B66;&#x5185;&#x98DF;&#x6599;&#x7B49;&#x652F;&#x63F4;&#x306B;&#x3064;&#x3044;&#x3066;.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <address><strong> お問い合わせ </strong> <br/> <a href="http://www.francescotrattoria.com/../../../../form/26"> 學生支援部 學生生活課 生活支援擔當 </a> <br/> 096-342-2723</address>]]> No publisher 學生 ページ SARS-CoV-2デルタ株に特徴的なP681R変異はウイルスの病原性を増大させる http://www.francescotrattoria.com/whatsnew/seimei/20211126 <![CDATA[<p>【ポイント】</p>&#13; <ul>&#13; <li>昨年末にインドで出現した新型コロナウイルス「デルタ株(B.1.617.2系統)」(注2)は、全世界に伝播し、現在のパンデミックの主たる原因変異株となっている。</li>&#13; <li>ハムスターを用いた感染実験の結果、デルタ株は、従來株よりも高い病原性を示すことを明らかにした。</li>&#13; <li>デルタ株のスパイクタンパク質(注3)の細胞融合活性(注4)は、従來株や他の変異株に比べて顕著に高く、その活性は、スパイクタンパク質のP681R変異(注5)によって擔われていることを明らかにした。</li>&#13; <li>P681R変異を持つ新型コロナウイルスを人工合成し、ハムスターを用いた感染実験を実施した結果、P681R変異の挿入によって、病原性が高まることを明らかにした。</li>&#13; </ul>&#13; <p style="text-align: right;"/>&#13; <ul>【概要説明】</ul>&#13; <p style="text-align: justify;"> ヒトレトロウイルス學共同研究センター熊本大學キャンパスの池田輝政準教授が參加する東京大學醫科學研究所 附屬感染癥國際研究センター システムウイルス學分野の佐藤準教授が主宰する研究コンソーシアム「The Genotype to Phenotype Japan (G2P-Japan)」は、新型コロナウイルスの「懸念される変異株(VOC:variant of concern)」(注6)のひとつである「デルタ株(B.1.617.2系統)」が、従來株に比べて病原性が高いことを明らかにしました。また、デルタ株のスパイクタンパク質の細胞融合活性は、従來株や他の変異株に比べて顕著に高く、その活性は、スパイクタンパク質のP681R変異によって擔われていることを明らかにしました。そして、P681R変異を持つ新型コロナウイルスを人工合成し、ハムスターを用いた感染実験(注7)を実施した結果、P681R変異の挿入によって、病原性が高まることを明らかにしました。</p>&#13; <p style="text-align: justify;"> 本研究成果は2021年11月25日(英國時間午後4時、日本時間26日午前1時)、英國科學雑誌「<em>Nature</em>」オンライン版に公開されました。</p>&#13; <p style="text-align: justify;">?<br/>【論文情報】</p>&#13; <p>雑誌名:「<em>Nature</em>」11月25日(オンライン版)<br/>論文タイトル:<span>Enhanced fusogenicity and pathogenicity of SARS-CoV-2 Delta P681R mutation</span><br/>著者:齊藤暁<span>#, </span>入江崇<span>#, </span>鈴木理滋<span>#, </span>前村忠<span>#, Hesham Nasser#, </span>瓜生慧也<span>#, </span>小杉優介<span>#, </span>白川康太郎<span>, </span>貞升健志<span>, </span>木村出海<span>, </span>伊東潤平<span>, </span>呉佳齊<span>, </span>巖附研子<span>, </span>伊藤睦美<span>, </span>山吉誠也<span>, Samantha Loeber, </span>津田真壽美<span>, Lei Wang, </span>大園誠也<span>, </span>バトラー田中英里佳<span>, </span>田中友理<span>, </span>清水凌<span>, </span>清水健太<span>, </span>吉松組子<span>, </span>川端涼子<span>, </span>坂口剛正<span>, </span>徳永研三<span>, </span>吉田勲<span>, </span>淺倉弘幸<span>, </span>長島真美<span>, </span>數馬安浩<span>, </span>野村亮介<span>, </span>堀澤欣史<span>, </span>吉村和久<span>, </span>高折晃史<span>, </span>今井正樹<span>, The Genotype to Phenotype Japan (G2P-Japan) Consortium, </span>田中伸哉<span>*, </span>中川草<span>*, </span>池田輝政<span>*, </span>福原崇介<span>*, </span>河岡義裕<span>*, </span>佐藤佳<span>*<br/></span>(<span>#Equal contribution; *Corresponding author</span>)<br/><span>DOI</span>: <span>10.1038/s41586-021-04266-9<br/>URL</span>:<a >https://www.nature.com/articles/s41586-021-04266-9</a></p>&#13; <p><span>?</span><br/>【詳細】 <a href="http://www.francescotrattoria.com/daigakujouhou/kouhou/pressrelease/2021-file/release211125.pdf">プレスリリース</a>(PDF480KB)</p>&#13; <p/>]]> No publisher 研究 ページ 株式會社三菱UFJ銀行と包括連攜協定を締結しました http://www.francescotrattoria.com/kenkyuu_sangakurenkei/sangakurenkei/kico/news_event/news/u9m94e <![CDATA[<p> 熊本大學は、令和3年11月10日に株式會社三菱<span>UFJ</span>銀行と包括連攜協定を締結しました。<br/> 本協定は、本學が有する研究成果や技術シーズと日本最大の総合金融グループのネットワークやノウハウの「共創」により、全國のセクターとの連攜、ベンチャー育成、地域活性化や本學の財務基盤の強化などを推進することを目的としています。<br/> 今後、研究成果の社會的活用への支援、ベンチャー創出及び育成、資産の有効活用を通じた市民?地域社會との共生?交流機能の強化、資金管理の高度化を通じた持続的な財務基盤の確立に関して連攜を強化していく予定です。<br/> この協定を機に、更なる産學連攜の推進及び地域社會の課題解決?持続的発展への貢獻を目指します。</p>&#13; <p><img src="http://www.francescotrattoria.com/kenkyuu_sangakurenkei/sangakurenkei/kico/news_event/news/news_file/e47kds/@@images/2d732e25-6951-4775-bf01-918dd37267ae.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="20211115_&#x4E09;&#x83F1;UFJ&#x9280;&#x884C;_&#x5305;&#x62EC;&#x9023;&#x643A;&#x5354;&#x5B9A;.JPG" alt="20211115_&#x4E09;&#x83F1;UFJ&#x9280;&#x884C;_&#x5305;&#x62EC;&#x9023;&#x643A;&#x5354;&#x5B9A;.JPG" class="image-inline"/></p>&#13; <p style="text-align: center;">熊本大學で行われた調印式にて<br/>(右から2番目が三菱<span>UFJ</span>銀行 谷口宗哉代表取締役副頭取、左から3番目が熊本大學 小川久雄學長)</p>]]> No publisher その他 ページ 混合するだけでタンパク質性醫薬品の安定性と持続性を高める超分子素材を開発 http://www.francescotrattoria.com/whatsnew/seimei/20211118 <![CDATA[<p>【ポイント】</p>&#13; <ul>&#13; <ul>&#13; <li>タンパク質のかたちや電荷分布を認識して変形し、効率よく複合體を形成する超分子<sup>*</sup>素材を開発した。</li>&#13; <li>本超分子素材にポリエチレングリコール (PEG) を修飾し、タンパク質と混合すると、可逆的にタンパク質を PEG 化することができた。</li>&#13; <li>この可逆的な PEG 化により、タンパク質の活性を損なうことなく安定性や効果の持続性を改善することができた。</li>&#13; </ul>&#13; </ul>&#13; <p style="text-align: right;">*超分子:複數の分子が集合して組み立てられた化合物</p>&#13; <ul>【概要説明】</ul>&#13; <p> 熊本大學大學院先導機構の東 大志準教授、同大學大學院薬學教育部博士前期課程1年の歌津康生大學院生、同課程卒業生の古後徹也さんらのグループは、混合するだけでインスリンや抗體などのタンパク質性醫薬品の欠點を一挙に改善する超分子素材を開発しました。本超分子素材と抗體を混合すると、抗體の作用を低下させる凝集體形成を顕著に抑制し、安定性を改善しました。また、インスリンと混合すると、インスリンの血糖降下作用を全く減弱させることなく効果を有意に持続させました。本超分子素材は、混合するだけで様々なタンパク質性醫薬品の欠點を改善できることから、機能性と汎用性を兼ね揃えた製剤素材として応用が期待されます。</p>&#13; <p> 本研究成果は、國際科學雑誌?Materials Today Bio?において、令和 3 年 11 月 16 日に公開されました。本研究は、內藤記念科學振興財団、文部科學省卓越研究事業などの支援を受けて実施したものです。</p>&#13; <p>?<br/>【論文情報】<br/>論文名:Supramolecular polymer-based transformable material for reversible PEGylation of protein drugs<br/>著者:Kosei Utatsu, Tetsuya Kogo, Toru Taharabaru, Risako Onodera, Keiichi Motoyama, Taishi Higashi<br/>掲載誌:Materials Today Bio<br/>doi:doi.org/10.1016/j.mtbio.2021.100160<br/>URL:https://doi.org/10.1016/j.mtbio.2021.100160</p>&#13; <p><span>?</span><br/>【詳細】 <a href="http://www.francescotrattoria.com/daigakujouhou/kouhou/pressrelease/2021-file/release211118.pdf">プレスリリース</a>(PDF792KB)</p>&#13; <address>&#13; <p><strong> お問い合わせ </strong></p>&#13; <div>&#13; <p>熊本大學大學院先導機構<br/>擔當:準教授 東 大志<br/>電話:096-371-4168<br/>E-mail:higashit※kumamoto-u.ac.jp</p>&#13; <p>(※を@に置き換えてください)</p>&#13; </div>&#13; </address>]]> No publisher 研究 ページ コロナ禍における就活に関する講演會を開催します http://www.francescotrattoria.com/event/koho/20211118 <![CDATA[<div class="eventdata">&#13; <div class="eventimg"><a target="_blank" href="http://www.francescotrattoria.com/event/sizen/sizen_file/udvww1" rel="noopener noreferrer" class="noicon"> </a>&#13; <p/>&#13; </div>&#13; <div class="e-responsive-table"/>&#13; <figure class="e-img-box is-right is-one-fourth">&#13; <p><img src="http://www.francescotrattoria.com/event/koho/koho_file/syuukatsu-211130.png/@@images/3d1fc18f-cc24-4a47-8087-5e5b9f4bb620.png" title="syuukatsu-211130.png" width="191" alt="syuukatsu-211130.png" height="256" class="image-inline"/></p>&#13; <p><a href="http://www.francescotrattoria.com/event/koho/koho_file/syuukatsu-211130.pdf">ポスター(PDF)</a></p>&#13; </figure>&#13; <p> コロナ禍における大學院學生の就活に対する不安を少しでも取り除くために、現在の就職環境や企業が求める人材、面接対策などについて、<span>昨年度の講演會で大変好評だった綾戸高志氏に再び講演をいただきます。</span><span/></p>&#13; <p> 學內の大學院生を主な対象としていますが、學部生、教職員の皆様にも大変參考となる講演です。<span/><span/><span/></p>&#13; <p><span> 多くの皆様のご參加をお待ちしております。</span></p>&#13; <div class="eventdata">&#13; <p/>&#13; <table style="width: 813px;">&#13; <tbody>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th class="e-th-w--20p" style="height: 45px; width: 123.933px;">日時</th>&#13; <td style="height: 45px; width: 674.067px;">令和3年11月30日(火) 16:30~18:00</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th class="e-th-w--20p" style="height: 45px; width: 123.933px;">講演者</th>&#13; <td style="height: 45px; width: 674.067px;">アールアドバンス株式會社 代表取締役 綾戸高志 氏</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px; width: 123.933px;">講演タイトル</th>&#13; <td style="height: 45px; width: 674.067px;">「大學院生の就職活動最新事情」</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px; width: 123.933px;">開催方法</th>&#13; <td style="height: 45px; width: 674.067px;">オンライン開催(Zoom)</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px; width: 123.933px;">申込方法</th>&#13; <td style="height: 45px; width: 674.067px;">以下URLまたはチラシのQRコードよりお申込みください。<br/><a >https://forms.gle/LPLSjtYYznqfaP1P6</a><br/>申込み後、當日の參加用URLをメールにて発行します。<br/>開始時間になりましたら、參加用URLにアクセスしてご參加ください。<br/>登録の際に、事前質問も受け付けます(前日まで)</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px; width: 123.933px;">協力</th>&#13; <td style="height: 45px; width: 674.067px;">大學教育統括管理運営機構 入試?就職戦略室/學生支援部就職支援課</td>&#13; </tr>&#13; </tbody>&#13; </table>&#13; <p/>&#13; </div>&#13; <p/>&#13; <address><strong> お問い合わせ</strong><br/>大學教育統括管理運営機構 入試?就職戦略室<br/>シニア教授 髙宮正之<span/><br/> 電話:096-342-2726<br/>FAX:096-342-2846<br/> e-mail: admissions-office※jimu.kumamoto-u.ac.jp<br/>(迷惑メール対策のため@を※に置き換えております)</address></div>]]> No publisher 一般 イベント 夢発掘ピッチコンテスト2021 http://www.francescotrattoria.com/event/sizen/20211117 <![CDATA[<div class="eventdata">&#13; <div class="eventimg"><a target="_blank" href="http://www.francescotrattoria.com/event/sizen/sizen_file/ie7axr" rel="noopener noreferrer" class="noicon"> <img src="http://www.francescotrattoria.com/event/sizen/sizen_file/5ivt8o/@@images/776a0ed2-b1bf-4ffe-93f8-84e10927d968.jpeg" title="&#x5922;&#x30D2;&#x309A;&#x30C3;&#x30C1;2021_&#x30DB;&#x309A;&#x30B9;&#x30BF;&#x30FC;.jpg" width="150" alt="&#x5922;&#x30D2;&#x309A;&#x30C3;&#x30C1;2021_&#x30DB;&#x309A;&#x30B9;&#x30BF;&#x30FC;.jpg" height="212" class="image-inline"/> </a>&#13; <p><a href="http://www.francescotrattoria.com/event/sizen/sizen_file/ie7axr" target="_blank" rel="noopener noreferrer"> 夢発掘ピッチコンテスト2021 </a> <br/> (PDF)</p>&#13; </div>&#13; <p><span class="fontcolor1"> <span class="fontL"> </span> </span><strong> ここが“夢”のスタート</strong></p>&#13; <p> 熊本大學生の學部學生を対象としたピッチコンテストを開催します。ピッチとは、短い時間で自分のビジネスアイデアをプレゼンテーションすることで、 元々シリコンバレーで資金を集めるために投資家に向けて行われていました。</p>&#13; <p> 令和元年度は「アーティストの活動支援型SNS」や「學生の潛在スキルシェアサービス」、令和2年度は「固形石鹸の新たな使用方法」などのアイデアが発表され、実現に向けた活動が続けられています。皆さんも「こんなものがあったら…」と、製品化や社會貢獻、學生生活を快適にする発明などのアイデアをひらめいたことはなかったでしょうか?<br/> このコンテストではそんな皆さんの夢と意欲を発掘したいと思っています。</p>&#13; <p> 素晴らしいアイデアには工學部長表彰と10萬円相當の賞品券他が授與されます。<br/> また、このコンテストをきっかけに、學內外のベンチャービジネス支援制度の獲得も可能となります。<br/> ここを入口として、あなたの夢に挑戦してみませんか?</p>&#13; <p> 添付のポスターのQRコードから進んで、募集?エントリーの詳細情報や昨年度の最終選考會の様子をご覧ください。</p>&#13; <div class="e-responsive-table">&#13; <table>&#13; <tbody>&#13; <tr style="height: 70px;">&#13; <th scope="row" style="height: 70px;">日時</th>&#13; <td style="height: 70px;">●エントリー締切: 令和3年12月1日(水)12時まで<br/> ●応募書類提出: 令和3年12月2日(木)~令和3年12月6日(月)12時まで<br/> ●中間審査: (非公開)<br/> ●最終選考會(対面形式またはオンライン形式):令和3年12月27日(月)午後<br/> (最終選考會進出チーム數:(実績)2019年度 4チーム、2020年度 7チーム)</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 48.6667px;">&#13; <th scope="row" style="height: 48.6667px;">場所</th>&#13; <td style="height: 48.6667px;">オンラインまたはハイブリッド開催</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th scope="row" style="height: 45px;">參加費</th>&#13; <td style="height: 45px;">なし</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 47px;">&#13; <th scope="row" style="height: 47px;">參加対象</th>&#13; <td style="height: 47px;">熊本大學學部生を代表として構成するチーム?個人であること(學部は問いません)</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 53px;">&#13; <th scope="row" style="height: 53px;">申込方法</th>&#13; <td style="height: 53px;">夢発掘ピッチコンテスト応募フォームよりお申し込みをお願いします。</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th scope="row" style="height: 45px;">関連サイトのURL</th>&#13; <td style="height: 45px;"><a >https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdrUQnr9c6Zb625Pg81srtLpBuf6oh_ELDW3sGYVZ07k2lUSQ/viewform</a></td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th scope="row" style="height: 45px;">主催</th>&#13; <td style="height: 45px;"><span style="color: #333333; font-family: &#x30E1;&#x30A4;&#x30EA;&#x30AA;, Meiryo, '&#x30D2;&#x30E9;&#x30AE;&#x30CE;&#x89D2;&#x30B4; Pro W3', 'Hiragino Kaku Gothic Pro', Osaka, '&#xFF2D;&#xFF33; &#xFF30;&#x30B4;&#x30B7;&#x30C3;&#x30AF;', 'MS P Gothic', sans-serif; font-size: 14px; font-style: normal; font-variant-ligatures: normal; font-variant-caps: normal; font-weight: 400; letter-spacing: normal; orphans: 2; text-align: start; text-indent: 0px; text-transform: none; white-space: normal; widows: 2; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px; background-color: #ffffff; text-decoration-thickness: initial; text-decoration-style: initial; text-decoration-color: initial; display: inline !important; float: none;">熊本大學工學部附屬グローバル人材基礎教育センター(ものづくり)</span></td>&#13; </tr>&#13; </tbody>&#13; </table>&#13; </div>&#13; <p><span class="visualClear"> </span></p>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <address><strong style="background-color: #eeeeee;"> お問い合わせ </strong> <br/>&#13; <p>熊本大學工學部附屬グローバル人材基礎教育センター(ものづくり) 生野朋子</p>&#13; <p>E-mail:shono※cedec.kumamoto-u.ac.jp<br/>(メール送信の際は、※を@に置き換えてください。)</p>&#13; </address></div>&#13; <p/>]]> No publisher 在學生 イベント 「令和3年度熊本大學卒業生表彰式」を行いました http://www.francescotrattoria.com/sotugyosei/sotsugyousei/dousoukai/sotsugyouseihyoushou/reiwasannendo <![CDATA[<p>令和3年<span>10</span>月<span>31</span>日(日)に令和3年度熊本大學卒業生表彰式を行いました。</p>&#13; <p>この卒業生表彰は、本學の卒業生で、本學の名聲を高めていただいた方や本學の発展にご盡力いただいた方の功績を稱えるものとして、平成24年度に創設され、各學部等同窓會からの推薦に基づき表彰するものです。</p>&#13; <p>第<span>10</span>回となる今回は、武夫原會(文學部?法學部同窓會)5名、教育學部同窓會1名、理學部同窓會2名、熊杏會(醫學部同窓會)1名、醫學部保健學科同窓會1名、薬學部同窓會3名、工業會(工學部同窓會)3名の計<span>16</span>名が表彰を受けられました。</p>&#13; <p>表彰式には、各同窓會の會長や関係者及び學部長もご臨席され、小川學長からは、受賞者の各分野でのご功績に対し深く敬意を表され、今後の益々のご活躍をお祈りしますと祝辭が述べられました。</p>&#13; <p/>&#13; <h4>卒業生表彰受賞者の寫真</h4>&#13; <p>*寫真をクリックすると、大きい畫像が表示されます。</p>&#13; <div class="e-responsive-table">&#13; <table class="noborder">&#13; <tbody>&#13; <tr>&#13; <td style="text-align: center; vertical-align: bottom;"><a href="http://www.francescotrattoria.com/sotugyosei/sotsugyousei/dousoukai/sotsugyouseihyoushou/cdiah9/bufugenkai.jpg"><img src="http://www.francescotrattoria.com/sotugyosei/sotsugyousei/dousoukai/sotsugyouseihyoushou/cdiah9/bufugenkai.jpg/@@images/2741eb0a-d0d3-4416-8ad0-4f40042bee63.jpeg" title="&#x6B66;&#x592B;&#x539F;&#x4F1A;.jpg" height="190" width="317" alt="&#x6B66;&#x592B;&#x539F;&#x4F1A;.jpg" class="image-inline"/></a>?<br/><strong><武夫原會> </strong></td>&#13; <td style="text-align: center; vertical-align: bottom;"><a href="http://www.francescotrattoria.com/sotugyosei/sotsugyousei/dousoukai/sotsugyouseihyoushou/cdiah9/kyouikugakubu.jpg"><img src="http://www.francescotrattoria.com/sotugyosei/sotsugyousei/dousoukai/sotsugyouseihyoushou/cdiah9/kyouikugakubu.jpg/@@images/5ef768de-51c9-4858-837c-840072d9ed59.jpeg" title="&#x6559;&#x80B2;&#x5B66;&#x90E8;&#x540C;&#x7A93;&#x4F1A;.jpg" height="197" width="308" alt="&#x6559;&#x80B2;&#x5B66;&#x90E8;&#x540C;&#x7A93;&#x4F1A;.jpg" class="image-inline"/></a>?<br/>?<strong> <教育學部同窓會> </strong></td>&#13; </tr>&#13; <tr>&#13; <td style="text-align: center; vertical-align: bottom;"><a href="http://www.francescotrattoria.com/sotugyosei/sotsugyousei/dousoukai/sotsugyouseihyoushou/cdiah9/rigakubu.jpg"><img src="http://www.francescotrattoria.com/sotugyosei/sotsugyousei/dousoukai/sotsugyouseihyoushou/cdiah9/rigakubu.jpg/@@images/65da2fd5-a377-460e-a6b5-18844565002e.jpeg" title="&#x7406;&#x5B66;&#x90E8;&#x540C;&#x7A93;&#x4F1A;.jpg" height="197" width="314" alt="&#x7406;&#x5B66;&#x90E8;&#x540C;&#x7A93;&#x4F1A;.jpg" class="image-inline"/></a>?<br/><strong><理學部同窓會> </strong></td>&#13; <td style="text-align: center; vertical-align: bottom;">??<a href="http://www.francescotrattoria.com/sotugyosei/sotsugyousei/dousoukai/sotsugyouseihyoushou/cdiah9/yukyokai.jpg"><img src="http://www.francescotrattoria.com/sotugyosei/sotsugyousei/dousoukai/sotsugyouseihyoushou/cdiah9/yukyokai.jpg/@@images/ca0e6a5f-0e67-4147-b6f2-78c6bf28fbf6.jpeg" title="&#x718A;&#x674F;&#x4F1A;.jpg" height="198" width="315" alt="&#x718A;&#x674F;&#x4F1A;.jpg" class="image-inline"/></a>?<br/><strong>?<熊杏會> </strong></td>&#13; </tr>&#13; <tr>&#13; <td style="text-align: center; vertical-align: bottom;"><a href="http://www.francescotrattoria.com/sotugyosei/sotsugyousei/dousoukai/sotsugyouseihyoushou/cdiah9/hokengakka.jpg"><img src="http://www.francescotrattoria.com/sotugyosei/sotsugyousei/dousoukai/sotsugyouseihyoushou/cdiah9/hokengakka.jpg/@@images/1fba51a1-398c-4a3b-86b4-b9a5631b537c.jpeg" title="&#x533B;&#x5B66;&#x90E8;&#x4FDD;&#x5065;&#x5B66;&#x79D1;&#x540C;&#x7A93;&#x4F1A;.jpg" height="196" width="322" alt="&#x533B;&#x5B66;&#x90E8;&#x4FDD;&#x5065;&#x5B66;&#x79D1;&#x540C;&#x7A93;&#x4F1A;.jpg" class="image-inline"/></a>?<br/><strong>?<醫學部保健學科同窓會> </strong></td>&#13; <td style="text-align: center; vertical-align: bottom;">?<a href="http://www.francescotrattoria.com/sotugyosei/sotsugyousei/dousoukai/sotsugyouseihyoushou/cdiah9/yakugakubu.jpg"><img src="http://www.francescotrattoria.com/sotugyosei/sotsugyousei/dousoukai/sotsugyouseihyoushou/cdiah9/yakugakubu.jpg/@@images/1d251e21-dd94-470b-9709-1735228fca51.jpeg" title="&#x85AC;&#x5B66;&#x90E8;&#x540C;&#x7A93;&#x4F1A;.jpg" height="218" width="316" alt="&#x85AC;&#x5B66;&#x90E8;&#x540C;&#x7A93;&#x4F1A;.jpg" class="image-inline"/></a>?<br/><strong>?<薬學部同窓會> </strong></td>&#13; </tr>&#13; <tr>&#13; <td style="text-align: center; vertical-align: bottom;">&#13; <p><a href="http://www.francescotrattoria.com/sotugyosei/sotsugyousei/dousoukai/sotsugyouseihyoushou/cdiah9/kogyokai.jpg"><img src="http://www.francescotrattoria.com/sotugyosei/sotsugyousei/dousoukai/sotsugyouseihyoushou/cdiah9/kogyokai.jpg/@@images/e7a518d3-4de1-4382-aa45-3e6f2cd6b30f.jpeg" title="&#x5DE5;&#x696D;&#x4F1A;.jpg" height="225" width="326" alt="&#x5DE5;&#x696D;&#x4F1A;.jpg" class="image-inline"/></a></p>&#13; <p><strong><工業會> </strong></p>&#13; </td>&#13; <td style="text-align: center; vertical-align: bottom;"/>&#13; </tr>&#13; <tr>&#13; <td style="text-align: center; vertical-align: bottom;"/>&#13; </tr>&#13; </tbody>&#13; </table>&#13; </div>&#13; <h4>卒業生表彰受賞者一覧</h4>&#13; <p>*<a href="http://www.francescotrattoria.com/sotugyosei/sotsugyousei/dousoukai/sotsugyouseihyoushou/jyusyousyaitiran">受賞者一覧はこちら</a>をご覧ください。</p>]]> No publisher その他 ページ 脂質異常癥および関連疾患に有効なワクチン治療薬を開発 http://www.francescotrattoria.com/whatsnew/seimei/20211117 <![CDATA[<p>【ポイント】</p>&#13; <ul>&#13; <li>脂質異常癥<sup>注<span>1</span>)</sup>の新規治療標的として注目されているタンパク質「<span>ANGPTL3</span>」<sup>注<span>2</span>)</sup>に対するペプチドワクチン<sup>注<span>3)</span></sup>治療薬を開発しました。</li>&#13; <li>同治療薬は、過食や肥満に伴う脂質異常癥のマウスモデルに対して、脂質異常癥および脂肪肝の改善効果を示しました。</li>&#13; <li>同治療薬は、遺伝性疾患である家族性高コレステロール血癥<sup>注<span>4)</span></sup>のマウスモデルに対して、脂質異常癥および動脈硬化癥の改善効果を示しました。</li>&#13; <li>同治療薬は、脂質異常癥および関連疾患に対するより安価な新規治療オプションの一つとして期待されます。<br/><br/>【概要説明】</li>&#13; </ul>&#13; <p> 脂質異常癥は、生命予後や健康長壽を脅かす動脈硬化性疾患の発癥?進展の主要な要因です。脂質異常癥の治療の原則として、動脈硬化癥の発癥や再発予防の観點から、血中<span>LDL</span>コレステロール<sup>注<span>5)</span></sup>値をできる限り低下させることの重要性が多くの臨床研究により示されています。そのためにスタチン系薬剤(HMG-CoA還元酵素阻害薬)が一般的に広く使用され、その有効性も確立しています。重篤な癥例では、血中<span>LDL</span>コレステロール値をできる限り低下させるために、スタチン系薬剤の増量や他の薬剤の追加投與による治療(多剤併用療法)が行われています。しかし、これらの治療では、有害な癥狀、徴候、ならびに検査値異常により、治療継続困難となる患者さんがいるため、さらに新たな治療薬の開発が期待されています。また近年、高中性脂肪血癥も動脈硬化発癥を促進することが示されており、ポリファーマシー<sup>注<span>6)</span></sup>への対応の観點から、血中<span>LDL</span>コレステロール値と中性脂肪値をともに強力に低下できる薬剤の開発が期待されています。<span><br/> </span> このような中、これまでの研究から、「ANGPTL3」の機能欠失型の遺伝子変異をもつヒトが、変異をもたないヒトに比べ、血中<span>LDL</span>コレステロール値及び中性脂肪値がともに低下しており、心血管疾患の発癥リスクが有意に低いことが見出されました。このため、脂質異常癥を増悪させるタンパク質として<span>ANGPTL3</span>が認識され、その機能や産生を抑える脂質異常癥治療薬の開発が進んでいます。既に<span>ANGPTL3</span>を標的とした抗體醫薬、核酸醫薬等のバイオ醫薬品<sup>注<span>7)</span></sup>が開発され、臨床治験において遺伝性疾患であり重篤な脂質異常癥を発癥する家族性高コレステロール血癥に対しても有効性を示しており、実臨床の現場での早期の実用化が期待されています。しかし、一般的にバイオ醫薬品は薬価が高いため、より安価な治療法の開発が求められています。</p>&#13; <p> 熊本大學大學院生命科學研究部の尾池雄一教授らの研究グループは、ANGPTLファミリーの同定から、それらの機能や病態における意義の解明に関する研究を行ってきました。そして、本研究では、ANGPTL3に対するペプチドワクチン治療法の開発に成功しました。マウスモデルを用いた実験により、(1)過食や肥満に伴う脂質異常癥および脂肪肝の改善効果、(2)家族性高コレステロール血癥の脂質異常癥および動脈硬化の改善効果を確認しました。</p>&#13; <p> ペプチドワクチンは、バイオ醫薬等と比較して一般的に安価に製造されるため、醫療経済の面で優れており、今後、脂質異常癥および動脈硬化癥や脂肪肝などの脂質異常癥関連疾患に対する新規治療オプションの一つとして期待されます。</p>&#13; <p> 本研究成果は、大阪大學大學院醫學系研究科の森下竜一寄附講座教授、中神啓徳寄附講座教授との共同研究で行われました。また、熊本大學健康長壽代謝制御センター研究助成、文部科學省科學研究費補助金の支援を受けたもので、米國東部時間<span>2021</span>年<span>11</span>月<span>16</span>日午前<span>11</span>時(日本時間令和<span>3</span>年<span>11</span>月<span>17</span>日午前<span>1</span>時)に、<em><span>Cell Reports Medicine</span></em>オンライン版に掲載されました。</p>&#13; <p/>&#13; <p>【用語解説】</p>&#13; <p>注<span>1</span>)脂質異常癥<br/>脂質異常癥は、血液中の脂質の値が基準値から外れた狀態であり、一般的に過食や運動不足などの生活習慣の変容によって生じることが多いです。その他、特定の遺伝子変異が原因で遺伝的に脂質異常癥を有する場合も見られます。</p>&#13; <p>注<span>2</span>)<span>ANGPTL3</span>(アンジオポエチン様因子<span>3 )</span><br/>アンシ?オホ?エチン様因子とは、<span>TIE2</span>受容體のリガンドであるアンシ?オホ?エチンに構造上類似するものの<span>TIE2</span>受容體に結合できない分泌型タンハ?ク質として同定され、現在<span>8</span>種類存在します。<span>ANGPTL3</span>はその<span>1</span>つて?す。様々な研究から<span>ANGPTL3</span>の産生や機能を抑えることで、脂質異常癥が改善することが報告されており、ANGPTL3を標的とした脂質異常癥治療薬の開発が世界的に行われています。 </p>&#13; <p>注<span>3)</span>ペプチドワクチン<br/>ワクチンとは、主に病原體など病気の原因に拮抗する免疫を誘導するための醫薬品です。ペプチドワクチンは、病原性を示すタンパク質を構成するアミノ酸の一部(ペプチド)とキャリアタンパク質を結合させたものから構成されます。本研究で開発したANGPTL3ペプチドワクチンでは、KLH(キーホールリンペットヘモシアニン)というキャリアタンパク質と脂質異常癥の治療標的となるANGPTL3のペプチドから構成され、液性免疫を誘導しANGPTL3機能を阻害する中和抗體の産生を誘導します(図<span>6</span>)。</p>&#13; <p>注<span>4</span>)家族性高コレステロール血癥<br/>脂質代謝に関連する遺伝子の変異によって生じる遺伝子疾患であり、生後早い時期から血液中のコレステロール高値を呈します。そのため、早期から積極的に有効な治療をしなければ、動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳梗塞などの病気を引き起こします。既存の治療薬を組み合わせても十分な治療効果が得られない方や、既存の治療薬に不耐性の方も存在し、新規治療薬の開発が望まれています。 </p>&#13; <p>注<span>5</span>)LDLコレステロール(low density lipoprotein cholesterol:LDL-C)<br/>コレステロールは、細胞の膜や、體の機能を調整する重要なタンパク質です。LDL-Cは肝臓で作られたコレステロールを全身へ運ぶ役割を擔っていますが、増えすぎると動脈硬化を生じ心筋梗塞や脳梗塞の発癥リスクを高めることから悪玉コレステロールともいわれています。</p>&#13; <p>注<span>6</span>)ポリファーマシー<br/>ポリファーマシーとは、必要以上に多くの薬が処方された狀態をいいます。高齢になるほど罹患する病気が増えて、薬の數が多くなる傾向にありますが、多くの薬を內服することにより有害な副作用を來しやすくなります。また、醫療経済の負擔増加にもつながるため、ポリファーマシーの解消が求められています。 </p>&#13; <p>注<span>7</span>)バイオ醫薬品<br/>バイオ醫薬品とは、生物や生物のもつ機能をもとにした技術(バイオテクノロジー)によって作られた醫薬品の総稱です。代表例としては、「抗體醫薬」、「核酸醫薬」があります。人工的に作り出した抗體を薬にしたものを「抗體醫薬」、病気の原因となるタンパク質の元となる<span>RNA</span>や<span>DNA</span>の働きを抑制する物質を用いたものを「核酸醫薬」といいます。</p>&#13; <p>?<br/>【論文情報】<br/>論文名:Vaccine targeting ANGPTL3 ameliorates dyslipidemia and associated diseases in mouse models of obese dyslipidemia and familial hypercholesterolemia<br/>著者:<span>Hirotaka Fukami</span><sup>?</sup><span>, Jun Morinaga</span><sup>?</sup><span>, Hironori Nakagami, Hiroki Hayashi, Yusuke Okadome, Eiji Matsunaga Tsuyoshi Kadomatsu, Haruki Horiguchi, Michio Sato, Taichi Sugizaki, Takashige Kuwabara, Keishi Miyata, Masashi Mukoyama, Ryuichi Morishita, Yuichi Oike* (<sup>?</sup>co-first authors, *corresponding author)</span><br/>掲載誌:<span>Cell Reports Medicine</span></p>&#13; <p><span>?</span><br/>【詳細】 <a href="http://www.francescotrattoria.com/daigakujouhou/kouhou/pressrelease/2021-file/release211117.pdf">プレスリリース</a>(PDF781KB)</p>&#13; <address>&#13; <p><strong> お問い合わせ </strong></p>&#13; <div>&#13; <p>熊本大學大學院生命科學研究部<br/>分子遺伝學講座<br/>擔當:教授 尾池 雄一<br/>電話:096-373-5140<br/>E-mail:oike※gpo.kumamoto-u.ac.jp</p>&#13; <p>(※を@に置き換えてください)</p>&#13; </div>&#13; </address>]]> No publisher 研究 ページ 令和4年度熊本大學法學部學校推薦型選抜Ⅰにおける第1段階選抜について http://www.francescotrattoria.com/nyuushi/whatnew/oshirase/r4hougakubu-daiiizisenbatsu <![CDATA[<p><strong><strong><strong><span style="text-decoration: underline;">令和4年度熊本大學法學部學校推薦型選抜Ⅰにおいて、下記の入試區分では第1段階選抜は実施しません。</span></strong></strong></strong></p>&#13; <p>                  <strong><strong><strong><span style="text-decoration: underline;">記</span></strong></strong></strong></p>&#13; <p><strong><strong><strong><span style="text-decoration: underline;">法學部(イ)法學科 アドバンスト?リーダー?コース(地域公共人材クラス)</span></strong></strong></strong></p>]]> No publisher 入試 ページ 熊大生の時間割調査(法學部?工學部の場合) http://www.francescotrattoria.com/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2021/20211115-2 <![CDATA[<div id="content-core">&#13; <div style="text-align: justify;">&#13; <p><img src="http://www.francescotrattoria.com/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2021/jikanwari_file/logo.jpg/@@images/fbe808a0-a510-4c42-9d53-01fbea2bc5d2.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="logo.jpg" height="138" width="545" alt="logo.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p><img src="http://www.francescotrattoria.com/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2021/jikanwari_file/image01.jpg/@@images/8b8d356d-4eb7-43aa-9978-728d78f924d3.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="image01.jpg" alt="image01.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p><img src="http://www.francescotrattoria.com/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2021/jikanwari_file/image02.jpg/@@images/fea06f74-e0fd-437c-976a-663de6cb219b.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="image02.jpg" alt="image02.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p style="text-align: center;">(※時間割や科目名は年度によって変更される場合があります。)</p>&#13; <h2>(1)法學部1年?Mさんの場合</h2>&#13; まずは私の前期第1タームの時間割を紹介します。</div>&#13; <div style="text-align: justify;">時間割はこちらです! <br/><br/> <img src="http://www.francescotrattoria.com/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2021/jikanwari_file/image03.jpg/@@images/d64515a8-14e8-4f7a-be02-6068044065a0.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="image03.jpg" alt="image03.jpg" class="image-inline"/><br/>&#13; <p>法學部なのになんで醫學や歴史の授業が入っているの?と思った方がいらっしゃるかもしれません。</p>&#13; <p>これは「教養科目」といって、自分が所屬する學部以外の分野が勉強できる科目です。第二外國語として選択したドイツ語も教養科目の一つです。<br/>大學に入學すると自分の學部の専門科目だけでなく様々な分野の勉強をすることができます!</p>&#13; <br/>&#13; <p>さて、ここでは火曜5限の「基礎演習Ⅰ」についてご紹介します。</p>&#13; <p>一般的にゼミは3年生から開講される大學?學部が多いと思いますが、熊本大學法學部では1年の前期からゼミ形式の少人數授業を受けることができます。</p>&#13; <p>內容は先生によって様々ですが、私が所屬していたクラスでは刑法を勉強していました!</p>&#13; <p/>&#13; <br/>&#13; <p>また、私は火曜日と水曜日にアルバイトをしています!</p>&#13; </div>&#13; <div>&#13; <p>私の周りにも授業が少ない水曜日にアルバイトをしている人が多いです。</p>&#13; <p>そして、今はオンライン授業が多く、家にいる時間が多いので、動畫配信サービスでドラマを見たり、YouTubeで動畫を見たりして空きコマを過ごしています。</p>&#13; <p>対面授業の間の空きコマは、友達と話したり図書館に行ったりして過ごすことが多いです!</p>&#13; <p>図書館にはいろいろな本があり、何度行っても飽きません(笑)。</p>&#13; <p>また、靜かなので勉強や読書に集中することができ、とてもおすすめです!</p>&#13; <p/>&#13; <h2>(2)法學部4年?Aさんの場合</h2>&#13; <p>次に、法學部4年?Aさんの時間割を紹介します。</p>&#13; <p>なお、<span>A</span>さんには<span>2</span>年前期當時の時間割を用意していただきました。</p>&#13; <p>時間割はこちらです!</p>&#13; <p><br/><br/><img src="http://www.francescotrattoria.com/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2021/jikanwari_file/image04.jpg/@@images/2b00b617-d1f5-40c7-a7a4-deff68a98e61.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="image04.jpg" alt="image04.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; <p>Aさんから月曜1限の「経済學入門Ⅰ」に関するコメントをいただきました!</p>&#13; <p>?</p>&#13; <p>「熊本大學には経済學部はありませんが、熊本大學法學部では経済學も學ぶことができます。2年前期の経済學入門Ⅰは、法學部にいながら経済を學べる授業で、熊大法學部ならではの特徴ある科目です! 社會に出る上で必要な知識ですし、簿記や経済の仕組みを學びたい方はぜひ受けてみてください。」</p>&#13; <p>とのことです。</p>&#13; <p>法學部生でも経済學を學ぶことができるので、進路選択の幅が広がりますね!</p>&#13; <p>実は私も、高校生の時に法學部に進むことは決めていたのですが、経済學も學んでみたいと考えていました。そこで、熊大法學部のオープンキャンパスに參加したところ、先生が「経済學も學ぶことができる」とおっしゃっていたので、熊大法學部を選択肢に入れた…という経緯があります。</p>&#13; <p>経済學部と法學部で迷っている受験生の方は、ぜひ熊本大學法學部も候補の<span>1</span>つに入れてみてはいかがでしょうか?</p>&#13; <h2>(3)工學部機械數理工學科3年?Fさんの場合</h2>&#13; <p>最後に、工學部機械數理工學科3年?Fさんの後期第3タームの時間割を紹介します。</p>&#13; <p>時間割はこちらです!</p>&#13; <div><img src="http://www.francescotrattoria.com/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2021/jikanwari_file/image05.jpg/@@images/0436d694-013a-49fc-8115-43d802f28553.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="image05.jpg" alt="image05.jpg" class="image-inline"/><br/><br/></div>&#13; <p/>&#13; <p>ここで、<span>F</span>さんには機械數理工學科の紹介をしていただきました!</p>&#13; <p>?</p>&#13; <p>「機械數理工學科は、ものづくりの基本となる機械工學と數學を工學に応用する數理工學の専門的な知識を組み合わせて身につけ、それを社會に応用することを目指す學科です。機械數理工學科は工學部の中で唯一、中學數學と高校數學の教員免許を取得することができる學科です!</p>&#13; <p>教員免許を得るためには特定の教育系科目の単位を取得する必要があります。私の例でいうと、月曜<span>1</span>限の生徒指導の理論と方法や、火曜<span>5</span>限の數學科教育Ⅳがそれに該當します。</p>&#13; <p>他の人よりも取得単位が増え、忙しくなりますが、その分やりがいもあります!」</p>&#13; <p>とのことです。</p>&#13; <p>工學部のなかで唯一中學?高校數學の教員免許が取得できる、というのが大きな特徴ですね。</p>&#13; <p>工學にも教育學にも興味がある!という方や、より進路選択の幅を広げたい!と考える方は機械數理工學科も一考の価値があると思います!</p>&#13; <h2>まとめ</h2>&#13; <p>今回は現役熊大生の時間割を<span>3</span>例紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?</p>&#13; <p>コロナ禍の中、オープンキャンパスが対面で開催されないなど、受験生や高校生の皆さんにとっては大學の情報がなかなか得られず厳しい狀況が続いていることと思います。</p>&#13; <p>今回の時間割紹介を機に、大學生活が少しでもイメージしやすくなれば幸いです!</p>&#13; <p>ご覧いただきありがとうございました。</p>&#13; <p><br/><br/></p>&#13; <div/>&#13; <div style="text-align: right;"><br/>(2021年11月15日掲載)</div>&#13; </div>&#13; </div>]]> No publisher 學生 ページ コロナ禍の留學 [文學部4年 鶴田 百合さん] http://www.francescotrattoria.com/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2021/20211115-1 <![CDATA[<div id="content-core">&#13; <div style="text-align: justify;">&#13; <p><img src="http://www.francescotrattoria.com/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2021/ryugaku_file/logo.jpg/@@images/e8a90804-184b-4f8b-b5d5-5bf5c6845d3a.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="logo.jpg" height="138" width="545" alt="logo.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p><img src="http://www.francescotrattoria.com/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2021/ryugaku_file/image01.jpg/@@images/abe33200-1a0b-435c-b687-cf3f6fb1a719.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="image01.jpg" alt="image01.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <p><img src="http://www.francescotrattoria.com/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2021/ryugaku_file/image02.jpg/@@images/27f467d1-5fdb-4f49-bb4b-da428e7afef1.jpeg" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="image02.jpg" alt="image02.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <h2>3年越しのモンタナ大學!高校2年で決意した留學を実現</h2>&#13; <br/> 學生広報スタッフ(以下◆):なぜモンタナ大學を選んだのですか?<br/><br/>鶴田さん:高校2年のときに、熊本県教育委員會による「州立モンタナ大學高校生派遣事業」に參加しました。そこで人のあたたかさ、自然の豊かさ、キャンパスの美しさに強く惹かれました。3週間ではもの足りず、その時に大學進學後の留學を決意し、3年後の大學2年時の8月に実現しました。<br/><br/> モンタナ大學のあるアメリカがコミュニケーション大國であることも選んだ理由のひとつ。モンタナ大學ではコミュニケーション學部に所屬していました。この學部を選んだのは、私が熊本大學のコミュニケーション情報學科で學んだ、非言語コミュニケーションに興味を持ったからです。そこでは、より幅広いコミュニケーションについて學ぶことができました。內容は、會社內での上司と部下の間のコミュニケーション、ジェンダーとコミュニケーション、修辭法など。色々なことに派生しているコミュニケーションを學ぶことができ、とても面白かったです。<br/><br/> ◆:學校生活はどうでしたか?<br/><br/> 鶴田さん:留學前から心配していた通り課題が多く、苦労しました。読んできた何十ページもの教科書の內容を、授業の最初にテストされるのです。授業が終わればすぐに予習し、平日は暇さえあれば勉強していました。勉強中の息抜きには、キャンパスを一周してリフレッシュしていました。<br/><br/> <img src="http://www.francescotrattoria.com/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2021/ryugaku_file/image03.jpg/@@images/cd48cf22-4bb0-4cc0-9503-e0d7cdbf3890.png" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="image03.jpg" alt="image03.jpg" class="image-inline"/><br/>&#13; <p>実は、モンタナ大學は2009年にアメリカで最も美しいキャンパスに選ばれているのです。モンタナ州が「ビッグスカイカントリー」と呼ばれている通り、モンタナ大學があるミズ―ラにはあまり高い建物がなく、空が広くて、夕焼けがとても綺麗です。夏は日沒が特に遅く、21時でも明るいです。1番のおすすめは葉が黃色に染まる秋。冬になると冷え込みが厳しく、私が行った時はたまたま暖冬だったのでマイナス18度だったのですが、例年はマイナス30度を下回るそうです。 <br/><br/><br/>キャンパス內には夜中の2時まで勉強できる図書館や、ピザ屋さん、カフェ、アジア料理のショップ、郵便局などがあり、キャンパス內だけで十分生活できます。キャンパス內のジムではランニングマシーンをよく利用しており、ヨガの授業もそこでありました。土日も空いている學食はビュッフェスタイル。前払い方式で毎週の限度額が決められているため、限度額を使い切るのに必死でした。フルーツがおいしくて、朝にはよく食べていました。お壽司を食べに行くこともあったので日本食が特に戀しかったわけではないですが、甘黨の私にはあんこが現地で買えないことが辛かったです。<br/><br/><img src="http://www.francescotrattoria.com/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2021/ryugaku_file/image04.jpg/@@images/52a98555-8b3f-4a67-aba7-d8a32f588bae.png" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="image04.jpg" alt="image04.jpg" class="image-inline"/><br/> <br/>休みの日には、ジムに行ったり、20分程歩いてダウンタウンのカフェに行ったり、バスでショッピングモールまで行き、買い物をしたりしました。5月から9月まで毎週土曜日の午前中に開かれるファーマーズマーケットは面白かったです。他にも、モンタナ大學の國際課が開催する留學生向けイベントにも參加しました。課外活動に特に參加せずともどこにでも行けたのは、現地の學生とのペア制度、現地の家族とのペア制度のおかげだったと思います。彼らが電話をかけてきてくれて、色々なところに連れて行ってくれました。<br/><br/><img src="http://www.francescotrattoria.com/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2021/ryugaku_file/image05.jpg/@@images/1b98ddef-8891-4d56-991a-e4f03d861fc2.png" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="image05.jpg" alt="image05.jpg" class="image-inline"/></p>&#13; <div><img src="http://www.francescotrattoria.com/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2021/ryugaku_file/image06.jpg/@@images/c3696a8e-5038-41e6-a94b-b1da1eef23bf.png" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="image06.jpg" alt="image06.jpg" class="image-inline"/><br/><br/></div>&#13; <p/>&#13; <p><br/>◆:不安だったことについて教えてください。<br/><br/>鶴田さん:現地に行ってから1カ月は英語に不安がありました。というのも、ヨーロッパの留學生のように、「間違っていても話しとけばいい」という自信をもって、英語を話せなかったからです。日本では英語をツールというよりも科目として勉強してきたので、どうしても話すことに不安がありました。熊大入學後すぐに學內のIELTS講座を受講し、テキストを一冊買って、IELTSの対策をしてきましたが、文法がおかしかったらどうしようという気持ちが、話すときにブレーキをかけていました。しかし、1カ月ほどたつと、一生懸命話したら相手も読み取ろうとしてくれると気付き、それからは苦ではなくなりました。やはり、「慣れ」が大事なのだと思います。<br/><br/>ミズーラは田舎だからか、とにかく人々があたたかいのです。隣の人とペアを組んで、互いの文章を読み合うというライティングの授業では、皆、快く手助けしてくれました。また、教授も親しみやすく、學生との距離が近いため、空き時間には相談にのってくださいました。一番ありがたかったのは、冬休み期間(1カ月以上)にホストファミリーとして友人家族が受け入れてくれたことです。10月に大學から知らされたのですが、驚いたことに、冬休み期間には學生たちは帰省していなくなる上、寮に滯在し続けるには追加料金がかかるのです。困っていた私を、友人家族がホストファミリーとして受け入れてくれました。クリスマスやサンクスギビングを一緒に祝えたのは、とても良い思い出です。<br/><br/></p>&#13; <div><img src="http://www.francescotrattoria.com/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2021/ryugaku_file/image07.jpg/@@images/b5faa11b-32cc-4942-a587-ebcaea4e8b62.png" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="image07.jpg" alt="image07.jpg" class="image-inline"/><br/><br/></div>&#13; <h2>自分で早期帰國を決斷 これも成長の結果</h2>&#13; <p><br/> ?◆:留學をして成長したことはありますか?<br/><br/> 鶴田さん:留學前、私は典型的な日本人で、「協調性が一番」と考えていました。しかし、ミズ―ラで生活する中で、「百合はどう思うの?」と自分の意見を聞かれるのが多かったのです。いきなり自分の意見を頻繫に聞かれるようになったので、最初はうまく伝えられず、苦しかったし、苦労しました。しかし、自分の意見を言うようになるのにつれ、自分の中に軸ができ、周りと比べないことの大切さを知りました。<br/><br/>自分の意見を持つようになったからこそ、早期帰國の決斷も自分でできたのだと思います。2019 年の8月から2020年の5月頭まで留學するはずでしたが、結局は2020年の3月末に帰國しました。1週間ほどある春休み以降の授業がオンラインで行われることになったため、寮から學生がいなくなってしまったのです。交流がないと現地にいる意味がないと感じ、すぐに教授全員にメールをし、帰國後オンライン授業を受講して単位が得られるかを確認しました。<br/><br/>◆:留學をしたい人にメッセージをお願いします。<br/><br/>鶴田さん:留學での成果も大事だと思います。でも、それが必ずしも必要なわけではないです。ただ現地で毎日暮らし、経験したすべてのことが、今の自分に繋がっています。コロナ禍の留學ではイレギュラーなことが多く、帰國後のオンライン授業では、現地との時差の問題がありました。しかし、大學側に相談したところ、授業の録畫をもらい、オンデマンドでの受講が可能になったのです。それくらい、モンタナ大學は協力的でした。ひとつひとつの出會いが貴重なものです。立派なことをしなければ留學する意味がないのではありません。留學をしたいという気持ちが少しでもある方は、絶対にするべきです。</p>&#13; <div><img src="http://www.francescotrattoria.com/daigakujouhou/kouhou/kouhoushi/kumadainow/kumadai_now_file_2021/ryugaku_file/image08.jpg/@@images/262be703-9d59-47cc-9b3b-23e774e62cf6.png" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto;" title="image08.jpg" alt="image08.jpg" class="image-inline"/><br/><br/></div>&#13; <p/>&#13; <p><br/><br/></p>&#13; <div/>&#13; <div style="text-align: right;"><br/>(2021年11月15日掲載)</div>&#13; </div>&#13; </div>]]> No publisher 學生 ページ 本學技術部職員が日本アイソトープ協會の「放射線安全管理奨勵賞」を受賞 http://www.francescotrattoria.com/whatsnew/koho/2021/20211115 <![CDATA[<div class="eventdata">&#13; <div class="eventimg"><a target="_blank" href="http://www.francescotrattoria.com/event/sizen/sizen_file/udvww1" rel="noopener noreferrer" class="noicon"> </a>&#13; <p/>&#13; </div>&#13; <div class="e-responsive-table"/>&#13; <figure class="e-img-box is-right is-one-fourth">&#13; <p><a href="http://www.francescotrattoria.com/whatsnew/koho/koho_file/2021/jusyou.png"><img src="http://www.francescotrattoria.com/whatsnew/koho/koho_file/2021/jusyou.png/@@images/d8b41278-f97e-456f-abf6-7500446ecc04.png" title="jusyou.png" width="191" alt="jusyou.png" height="256" class="image-inline"/></a></p>&#13; <p>受賞した<br/>白石 善興技術専門職員</p>&#13; </figure>&#13; <p> 熊本大學技術部所屬の白石善興技術専門職員が、日本アイソトープ協會の令和<span>3</span>年度放射線安全管理奨勵賞を受賞しました。<span> <br/> </span> 日本アイソトープ協會は、昭和<span>26</span>(<span>1951</span>)年に創設されたアイソトープ使用者、研究者による団體で、本表彰は、日本アイソトープ協會?放射線安全取扱部會が、職場での放射線安全に積極的に取り組み、今後の活躍が期待される人材に授與しています。</p>&#13; <p> 白石技術専門職員は、平成<span>14</span>(<span>2002</span>)年から本學で放射線安全管理業務に従事している一方で、本學の生命資源研究?支援センターで非密封<span>RI</span>と実験動物を用いる研究者としても活躍しています。今回これらの活動が評価され、今後の醫學生物學系<span>RI</span>施設の管理運営と研究に活躍が期待される人材として表彰を受けました。<span><br/> </span> 白石技術専門職員は、「選んでいただいたことに、感謝です。この賞を勵みにより一層大學に貢獻していきたいです。」と受賞の喜びを語りました。</p>&#13; <p>?</p>&#13; <p>※熊本大學技術部HP</p>&#13; <p><span><a target="_blank" rel="noopener noreferrer">https://www.tech.kumamoto-u.ac.jp/pdf/20211108.pdf</a></span></p>&#13; <p/>&#13; <p/>&#13; </div>]]> No publisher 研究 その他 ページ 熊本大學文書館展示會を開催します http://www.francescotrattoria.com/event/koho/20211115 <![CDATA[<div class="eventdata">&#13; <div class="eventimg"><a target="_blank" href="http://www.francescotrattoria.com/event/sizen/sizen_file/udvww1" rel="noopener noreferrer" class="noicon"> </a>&#13; <p/>&#13; </div>&#13; <div class="e-responsive-table"/>&#13; <figure class="e-img-box is-right is-one-fourth">&#13; <p><img src="http://www.francescotrattoria.com/event/koho/koho_file/bunsyokan-211115.jpg/@@images/ab9ea62b-cd7f-4b7f-a4e1-79f28f516f5d.png" title="bunsyokan-211115.jpg" width="191" alt="bunsyokan-211115.jpg" height="256" class="image-inline"/></p>&#13; <p><a href="http://www.francescotrattoria.com/event/koho/koho_file/bunsyokan-211115.pdf">ポスター</a></p>&#13; </figure>&#13; <p> 熊本大學文書館では、本學の歴史に関する資料に加え、社會的にも関心が高い水俁病や免田事件に関する資料の収集?保存?公開を行っています。このたび本館では展示會を開催し、水俁病関係資料と免田事件関係資料から合計10件の資料の公開と、関連書籍の展示を行います。</p>&#13; <p><span> 水俁病関連資料では、「水俁からの想像力」と題し、現代の私たちの生活と水俁病問題との関わりを示す6點の資料と関連書籍を展示します。</span><span/></p>&#13; <p> 免田事件関連資料では、令和元年9月に開催された文書館企畫展「『地の塩』の記録ー免田事件関係資料展ー」より、再審中の死刑執行に関する記述を含む文書など4點の資料を再展示します。<span/><span/><span/></p>&#13; <p><span> 小規模展示ではございますが、多くの皆さまのご來場をお待ちしております。</span></p>&#13; <div class="eventdata">&#13; <p/>&#13; <table style="width: 813px;">&#13; <tbody>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th class="e-th-w--20p" style="height: 45px; width: 123.933px;">會期</th>&#13; <td style="height: 45px; width: 674.067px;">令和3年11月23日(火?祝)~11月26日(金) <br/>① 日時:11月23日(火?祝) 13:00~17:00 <br/>  會場:熊本大學附屬図書館中央館1階(熊本市中央區黒髪2丁目40番1號)<br/>  內容:水俁病関係資料展示および免田事件関係資料展示<br/>② 日時:11月24日(水)~26日(金) 10:00~14:00<br/>  會場:熊本大學黒髪北E2(共用棟黒髪6及び書庫)1階 E102展示室 <br/>  (熊本市中央區黒髪2丁目40番1號) <br/>  內容:水俁病関係資料展示(24日、25日)、免田事件関係資料展示(26日)</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th class="e-th-w--20p" style="height: 45px; width: 123.933px;">対象</th>&#13; <td style="height: 45px; width: 674.067px;">一般の方(興味のある方はどなたでも) <br/>ただし、11月23日の展示は、當日開催される放送大學熊本學習センター開設30周年記念講演會の參加者を対象としています。</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px; width: 123.933px;">參加費</th>&#13; <td style="height: 45px; width: 674.067px;">無料</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px; width: 123.933px;">主催</th>&#13; <td style="height: 45px; width: 674.067px;">熊本大學文書館</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px; width: 123.933px;">後援</th>&#13; <td style="height: 45px; width: 674.067px;">放送大學熊本學習センター</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px; width: 123.933px;">協力</th>&#13; <td style="height: 45px; width: 674.067px;">熊本大學大學院人文社會科學研究部附屬國際人文社會科學研究センター?學際的研究資源アーカイブ領域、熊本大學附屬図書館</td>&#13; </tr>&#13; <tr style="height: 45px;">&#13; <th style="height: 45px; width: 123.933px;">URL</th>&#13; <td style="height: 45px; width: 674.067px;"><a target="_blank" rel="noopener noreferrer">文書館ホームページ</a></td>&#13; </tr>&#13; </tbody>&#13; </table>&#13; <p/>&#13; </div>&#13; <p/>&#13; <address><strong> お問い合わせ</strong><br/>熊本大學文書館<br/>〒<span>860-8555 </span>熊本市中央區黒髪<span>2</span>丁目<span>39-1 (</span>南キャンパス)<br/> 電話:096-342-3951<br/>FAX:096-342-3952<br/> e-mail: archives※jimu.kumamoto-u.ac.jp<br/>(迷惑メール対策のため@を※に置き換えております)</address></div>]]> No publisher 一般 イベント 男女裸交无遮挡啪啪激烈试看,免费人成在线观看视频播放