有明海?八代海の自然環境?社會環境の再生?創生を目的とするシンポジウム

event_available 日時: 2018年1月7日 14時0分 から 16時30分 まで

一般

地震前後の自然環境?社會環境の変化から大學?行政?社會の連攜を考える

熊本地震は様々な災害?被害を私たちにもたらし、現在もなお熊本県は復興の最中にあります。地震が私たちの生活?環境にどのような変化をもたらしたのか、今ここでもう一度整理をすることで、今後の復興や將來の災害対策のための知恵を探索します。 今回は4人の演者が熊本地震前後で変化した科學的?社會的事象を対象に、研究や社會との関係がどのように変化したのか、特に行政や市民との協働に著目し、話題提供を行います。また後半の公開討論を通して、今後の復興や將來の災害対策に有益な知識や連攜を行政?市民の意見を交えながら議論します。

場所 くまもと県民交流館パレア 9F 會議室1
対象 50人程度
參加費 無料
申込方法 下記EメールまたはFAXでお申し込みください。
當日參加も可能です。
【お申込先】
Eメール:ftakeshita※gpo.kumamoto-u.ac.jp
FAX:096-342-3510
(※を@に置き換えてください)
主催 熊本大學 文部科學省特別経費プロジェクトグループ

お問い合わせ
熊本大學 くまもと水循環?減災研究教育センター
TEL:096-342-3498