「熊本地震河川災害調査団報告會 ~地震と豪雨の複合災害について考える~」 を開催します

event_available 日時: 2017年5月18日 14時0分 から 17時30分 まで

一般

「熊本地震河川災害調査団報告會~地震と豪雨の複合災害について考える~」
を開催します

土木學會では水工學委員會を中心として平成 28年熊本地震が白川および緑川水系の安全度に與える影響を明らかにするために緊急調査団を編成し,地震によって発生した堤防の破壊や斜面崩壊による土砂の河川への流入など,大規模な水害?土砂災害を発生させる可能性のある現象を中心に調査すると共に直下型地震による河川災害や土砂災害の対策に向けての提言を行うこととしました.本シンポジウム「熊本地震河川災害調査報告會~地震と豪雨の複合災害について考える~」を下記のとおり開催します。

多數の皆さまのご來場をお待ちいたしております。

場所 熊本大學 黒髪南地區 工學部百周年記念館
対象 一般の方どなたでも
※會場定員が250名程度のため、超過の場合はお斷りすることもあります。
參加費 無料
申込方法 事前申し込みの必要はありません。當日會場にお越しください。
注意事項 會場內に駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。
主催 土木學會水工學委員會、熊本大學工學部
後援 國土交通省九州地方整備局、熊本県、熊本市

お問い合わせ
熊本大學大學院先端科學研究部
環境科學部門水圏環境分野
擔當:大本照憲
096-342-3543