新型コロナウイルス感染癥の感染防止対策について(2021.10.15)

                    令和3年10月15日 
學生の皆さんへ

             副學長(教育?學生支援擔當)
                       宇佐川 毅

  新型コロナウイルス感染癥の感染防止対策について(通知)

 新型コロナウイルス感染癥の影響下において、本學では、地域の感染
狀況等を踏まえて、學生の皆さんの生命と健康を守るため、學修機會の
確保と感染対策の徹底の両立を図ってきたところですが、ワクチン接種
の普及に伴う新規発癥者?重癥患者數の抑制等により、十分な感染防止
対策を講じた上での対面授業の実施拡大等、より機動的な教育活動の
実施が可能な狀況となってきました。
 ついては、本學における新型コロナウイルスの感染防止対策を以下の
とおり変更して実施することとします(下線部分は前回通知(9月3日付け)
の內容を変更した箇所)。
 なお、具體的対応については、所屬する學部等及び授業擔當教員の指示
に従ってください。


1. 一般的留意事項
?毎朝の検溫、體調確認、マスク著用、手洗い等の感染対策の徹底を行う
 こと。
?発熱等の癥狀がある場合は、登校せず、醫療機関等に相談し、検査が
 必要と判斷された場合、所屬學部等の教務擔當へ連絡すること。発癥後
 少なくとも8日、かつ、発熱等の癥狀が治まってから3 日経過するまで
 自宅待機すること。また、登校再開に際しては必ず電話(096-342-2164)
 又はメール(hoken@jimu.kumamoto-u.ac.jp)で保健センターの指示を
 仰ぐこと。

2. 授業
 11月初旬以降、十分な感染防止対策を講じた上で、対面による授業を
 順次増加して実施する。遠隔授業から対面授業への変更等がある場合は、
 授業擔當教員が指示を行う。なお、授業形態及び対面での授業実施人數は、
 教育効果等を勘案の上、學部等が判斷する。ただし、急速な感染拡大により、
 熊本県がまん延防止等重點措置の適用を受ける等の狀況となった場合は、
 対面授業から遠隔授業に切り替えるものとする。

3. 就職活動等に伴う域外への移動
 地域の感染狀況に応じて、感染癥対策を講じてもなお感染リスクの高い
 移動?活動は自粛。緊急事態宣言及びまん延防止等重點措置區域へ移動
 した場合、帰著後2週間は、対面による授業等への出席は不可とする。
 なお、2回目のワクチン接種から2週間以上経過したとき又はPCR検査等が
 陰性であったときでも、帰著後1週間は登校を控えること。

4. 課外活動
 公認サークル?部の対面による活動及び公式大會參加は許可制により認める。

5. 海外渡航
 原則として中止又は延期。特段の事情により、やむを得ず渡航する場合は、
 事前に所屬學部等の教務擔當に相談すること。

《問合せ先:學生の相談窓口》
 http://www.francescotrattoria.com/daigakuseikatsu/kyoumu/desk